Smart Energy

電力可視化、AIによる予測を実現。効果的なTCO管理を支援します。

Slider

オフィス電力需要予測システム

オフィスにおける電力使用量の可視化を可能にするとともに、部門、社員あたりの電力コストの見える化を可能にします。 また、マイクロソフトのクラウドサービスが提供する機械学習プラットフォーム Azure Machine Learningにより 電力需要の予測を支援します。
本ソリューションは日本マイクロソフト本社ビルにて実装、運用され、無駄な電力使用の削減、コストの可視化、CO2の 削減に活用されています。

消費電力の見える化

オフィスにおける電力消費の約50%は照明と言われています。電力消費を可視化することで、これまでに気づかなかった社内の様々な活動が可視化され、働き方の変革からCO2の削減まで様々な活用が可能です。消費電力の可視化から始まるデジタルトランスフォーメーション、是非ご検討ください。

部門への電力コストチャージを可能に

消費電力の可視化に始まる、部門ごとの電力消費量の可視化が環境に配慮し、働き方を再考するきっかけに繋がります。エッジプラスが提供するSmart Energyは、全体の消費電力の可視化と予測だけでなく、オフィスのエリアごとに電力消費を明らかにすることで、働き方の分析、そして各部門ごとの電力コストを可視化することを可能にします。

センサーをMicrosoft Azure IoT Hubにより統合、データを収集、分析、可視化を実現しています。

ソリューションは、各施設ごとのお見積り、導入となります。ご質問、ご相談は下記のリンクよりお願いします。

お問い合わせ、ご相談はこちら